強さは無限

未分類
12 /16 2011
12月16日(金) 大雪・・・・冬眠してェー
いっきに冬将軍の到来か・・・外に出れず走れず・・
今週一週間ががかりで、忍会総本部の審査の真骨頂、
「技は心」の心部分、作文を全員HPに書き上げました。

P1150187.jpg

どれも皆、素晴らしいのですが、
忍会総本部設立から23年目、初の少年弐段合格
畠山 晃君の作文を紹介します。さすが、中学生ながら、弐段の風格です。
 
005[1]
「空手の道」 畠山 晃
平成19年11月25日。忍会の初段を取得した日。ここで一つ目の目標が達成した。小学校1年生の時入門したのだが、やはり最初に目指したのは黒帯であった。その後、様々な大会に出場しているうちに気付いたことがある。それは「空手」という競技での強さが「空手道」の全てではないということ。実際に試合が終わってメンホーを投げる人や拳サポを地面にたたきつける人を見て、それは、何か「空手道」の真理にそむくことのように感じた。「空手道」とは、礼に始まり、礼に終わるという礼儀を重んじる武道である。そにため、「空手道」とは、空手を学ぶ過程で不屈の精神を鍛錬することが重要で、目に見えない強さをつくることが大事だと思う。今度は、周りの人々の支えに感謝しながら、次の目標に向かって日々精進していきたいと思いう。武道精神は感謝の心!!

皆全て大作です。特に低学年の???意味不明の言葉、暗号・・・?
高学年以上の誤字。文章の構成の悪さ、読み辛い暗号??言葉、
全て私の心に、ズシンと重石がかかりました。
一人一人の文書を解読しながら、咀嚼して私の血と肉にし、
HPに一字一字、愛情をこめキーボードを叩きました。
HP、忍会総本部春季審査会の欄にお立ち寄りください。

私は、15才で空手道に出逢い、それから足かけ40年が経ちました。
体力、筋力は、何時しか蜃気楼のように消え去りますが、強さへの
憧れは、今だにあの頃のまま・・・いや、年齢が行ったからこそ、
強さへの想いは益々大きくなる・・・!?。

私の十代の頃は、今と違って、ケンカの強い奴が一時、英雄になれた。
どういう訳かその頃は、ケンカに強い奴は、仲間に優しく、頼りになった時代。
ケンカに強い奴には強い奴の哲学みたいなものがあった・・・

空手道を志したのは、ケンカに強くなりたいから始った。
殴り、殴られ、ある時は十人に囲まれた事もあった。
警察に追いかけられた事もままある。

それがいつしか、人に頭を下げることも強さということに気付き、

年齢と共に我慢・言葉・優しさ・美しさ・愛・お金・友情・沈黙等
様々な事柄の中にも強さという宝石が埋まっているのに気付く

子供達の作文は、私の心の鏡、「気合い」、「頑張る」、「強くなりたい」、
「弱い心の自分に負けない」、「逃げない」、「心の鍛錬」等・・・
子供らと一緒に、身体と心の汗をかきながら・・・

俺ももっと強くなろっと!!!

jjj.jpg
忍会総本部HP・忍会総本部秋季昇段審査の欄お立ち寄りと共に
今月の師範の、お薦め今月の一曲も聞いてみて・・泣ける、か?











スポンサーサイト

スーパーリンペイ

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。