自我を捨てる

未分類
02 /29 2012
P1160337.jpg
2月29日(水)うるう年【閏】
うるう年とは・・・
平年よりも日数や月数が多いこと。地球の公転や季節と暦とのずれを調整するためのもの。
太陽暦では1年を365日とするが、地球の公転(1太陽年)は365日5時間48分46秒なので、
その端数を4年ごとに2月(にがつ)を29日として調節する。
太陰暦では1年が約354日なので、適当な割合で1年を13か月とする。
簡単に言うと、ずっと365日でいくと季節との誤差がでるので、その調整のための年です。


2月が終わります。色々ありましたが、
空手道人生、40年目の節目に、秋田県体育協会から、
優秀指導者賞なるものを頂きました。
あまりそういったものには、興味はありませんでしたが、
新聞を観た道志から、「おめでとうございます
これからも、秋田の空手道発展のため頑張ってください」
というメールを、何人かから頂いたのがとても嬉しかったです。
考えてみれば、私が頂いたのではなく、わたしの周りにいる
選手一人一人が頑張ってくれて、そして頂いた賞です。

これからも努力を惜しまず、精進していきます。
私を支えてくれる、周りの全ての人に感謝です。

ありがとうございました。

自我を捨てる・・・・
恨み・妬み・憤り・悲しみ、
全ての苦は、自我から生ずる。

恨み・妬み・憤り・悲しみが自我なのである。
より良く生きるための秘訣は何も考えないこと

暖かくなってきた秋田の街の、
春の音を聴きに散歩にでかけませんか・・・
そこにより良く生きるヒントがあります。

忍会総本部HPへお立ち寄りください。


スポンサーサイト

スーパーリンペイ

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。