「人間の好時節」・ありのままの輝きを受け入れて

未分類
11 /28 2013
外は☂、雨、々・・・
暗いし、雨がここ3週間も続けば気持ちも、体も滅入る。

ee.jpg
<秋田、中一前の与次郎>

外はそろそろクリスマス気分だが、一歩が踏み出せない・・・

午前中、HPの仕事、忍会の真骨頂、秋の審査会の作文を編集
していると、とても素敵な作文に出逢う。

「一つ一つ全力で」

くみてがにがてです。
その中でつきがにがてです。それはどうしてもこわいという気持ちで
はなれたところからつきを出してしまうからです。
先生に前にでろといわれいまではそれにきをつけるように
しています。それと気合です。声が小さいと言われます。
ぼくはだしているつもりでも声がでていないと言われます。
なので声を大きくだせるようにしたいです
型をやるときはいそいでしまい早くなってしまいます。
ねこ足だち、しこだちもきちんとできないのだと思います。
ゆっくり力づよくかるところ、スピードをつけるところを
気をつけたいと思います。
これからは一つ一つ直して、けい古を全力でがんばりたいです。

1.jpg

「自分との戦い」

ぼくは、苦手なねこ足立ちやしこ立ちなど基本的な立ち方などで、
注意されることが多くなってきました。自分では、やっている
つもりでした。でも、きちんとやっていなかったのだと
思います。それはぼくの気持ちの問題だと思います。
今空手のけい古がとても大変で、苦しいと思ってしまう時があります。
級が上がり帯の色も変り、うれしいがんばろうという気にも
なれるけど、その分むずかしくなってにげたくなります。
自分の弱いところは気持ちです。でもずっとにげていると、
ぜったいに自分にも相手にも勝てません。
もっと勝てるように、自分の気持ちにもわざも
成長させたいです。これからも自分にまけないように、
気合いをいれてがんばっていきたいです。

22.jpg

決して運動能力が高くはない、というより
身体的には劣る道場生に伝わっていた精神の力
やる気・・・・

元気を頂きました・・・
寒い中、走りに行くかな・・・・

人生を取り巻く春秋、夏冬の季節も心がひねくれると、
暑い寒いと不平ばかりをならびたてて、そのすばらいさを
じぶんから見ようとしない。
ところが、心にこころにかかることの無いひとは、
春にタンポポ一つを見て、生きている喜びを感じて
涙ぐむこともある。紅葉の一葉を見て、人生の無常を
想ってたたずむことだってあるのだ。
すべての人間の好時節でなくて何であろうか・・・・

皆様、沢山のフォローをお願いします。 
忍会総本部HPへお立ち寄りください。


スポンサーサイト

スーパーリンペイ

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。