「性相近し、習相遠し」

未分類
02 /28 2015
2月28日(土)
今月も終わる。
色々ありました。2月22日(日)に行われた
第9回樹氷杯Jr空手道選手大会が山形市で行われました。

20150222_171450.jpg

忍会から10名の道場生が参加。
村上奈緒、女子組手3連覇。男子組手 村上太一3位、下沢優斗3位
古仲丈太5位
男子団体組手中学年、3位
男子団体組手高学年、2位
と、少々不完全燃焼かな・・・・
また次へ・・・・

yjimage.jpg

天性の能力(性)には、それほど違いはない。
しかし、学んだ事を百回、千回と繰り返し反復していると、
大きな差がついてくる。
「性相近し、習相遠し」

習うと言う字は、羽根に白いと書きます。
ひな鳥(白い)が羽をひたすら動かして
飛ぶ練習を反復している様子を表したものだとされている。
飛べるようになる事は命を守ることでもあるから
文字どおり命がけの練習です。

そう命をかける思いで繰り返し行うのが習うと云う事。

皆様、沢山のフォローお願・・・♡・・・しまーす。

忍会総本部HPへお立ち寄りください。
スポンサーサイト

スーパーリンペイ

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。